A gift From Srilanka
自然の恵み

スリランカ産パパイヤ
オガーニック基準栽培
低温乾燥
成分表表はここへ




パパイヤはトロピカルフルーツで甘くて酸味が少なく、原産地は中南米地方で別名、乳瓜(チチウリ)木瓜(モクカ)、パウパウ、ママオ、ツリーメロンなど様々な呼び名と呼ばれています。学名:Carica papaya、パパイア科、 パパイア属の常緑小高木です。
日本には明治時代にもたらされ現在沖縄県や小笠原諸島、南九州や太平洋側の温暖な地域で栽培されています。
コスタリカとメキシコでは、パパイヤは健康の良い木「The Tree of Good Health」として知られており、クリストファー・コロンブスは、熱帯の宝石天gの果実[Tropical gem as the fruit of the angels]のようと言われていたそうです。古くからパパイヤは、皮膚の治療に使われ美肌にパパイヤパックが使用されています。
当ミのパパイヤの品墲ヘ、レッドレーディ・/span>です。スリランカYでJAS(有機)基準で栽培、完熟した実だけを収穫し低温(45℃で18時間をかけ乾燥させました。本来の甘み、_味や分解酵素を活かしたドライフルーツです。砂糖、食品添加物無添加、香料、着色料は一切使用せず、果実本来の成分や甘みが凝縮になっていますのでで安心して召し上がりください。

パパイヤの種類:
パパイヤの有名の種類は:青パパイヤ、カポホ・ソロ(Kapoho Solo)、サンライズ(Sunrise)、レインボー(Rainbow)、レッドレーディ(red lady) です。Red ladyの特徴は赤果肉リコピン(Lycopene)やβ-カロテン(Beta-Carotene)が多い)、パパイア独特の香りと糖度が高めでさっぱりとした口当たりです。

蛯ネ成分:
パパイン酵素、ビオチン、βクリプトキサンチン、その他にビタミン、ミネラル、アミノ_、食物繊維も豊富でバランス良いです。

期待される効果:胃の健康を保つ、便秘を解消、生活習慣病の予防・疲労回復、ダイエット、がん予防、美容、保湿

ご利用方法:
そのままお召し上がりください。刻んでシリアルやヨーグルトに、パンやパウンドケーキの焼き込みにもご利用ください。チョコレートがけもお奨めです。お子様のおやつや勉強・d魔フ息抜きに、ハイキング等のお供にも最適。紅茶・日本茶・コーヒーなど、幅広く合わせて召し上がりください。果肉と牛乳をミキサーにかけて混ぜてパパイヤ牛乳は台湾の名物として販売されています

トレッスアビリティ Traceability

 

   
 


乾燥機               乾燥後検品

           乾燥後

  砂糖、オイル、食品添加物不使用

   

  トッップページ