A Natural Gift From Srilanka
Organic Dried Jackfruit
The Largest Tree-Born Fruit

  ハラル製品
有機乾燥ジャックフルーツ
オイル、砂糖や食品添加物不使用
セレンや亜鉛含有(不妊の方に
ビタミンや食物繊維は豊富
             
            
成分表やJAS証明書の詳細データはココへ
ジャックフルーツ(jack fruit、学名:Artocarpus heterophyllus)は、クワ科パンノキ属常緑高木の果実で、アジア、アフリカ、ブラジルで栽培されています。原産地は南アジアとされています。産地によって名称が異なりますが、日本語ではハラミツ、パラミツ(波羅蜜、菠蘿蜜)と呼ばれます。世界最大の果実と言われ、長さ70cm、幅40cm、重さは40〜50kgに達することがあります。果肉は果実の25〜40%程度で、熟した果肉や仮種皮は甘く、産地では生で食用にしますが、日本では、シロップ煮缶詰チップス乾燥果実が一般的です。スリランカでは、中型サイズの果実が6月〜7月、10月〜12月の年二回収穫されています。
当社のスリランカ産ジャックフルーツは、生の果肉を低温(45℃)で約14時間かけて乾燥したもので、果実本来の成分が凝縮されています。お手軽にお召し上がりいただけます。
【特徴】
乾燥ジャックフルーツのエネルギーは100gあたり350Kcal、須微量ミネラルの亜鉛(Zn)は0.6mgとセレン(Se)は0.04mgも含まれています。亜鉛やセレン不妊治療に良いと言われています。
セレンと亜鉛の効能セレンビタミンEビタミンCと協調して、活性酸素ラジカルから生体を防御すると精子の 運動性を維持し不妊症の原因として注目されています。
亜鉛は男性ホルモンをあげ前立腺の障害(勃起不全/ED)を防きます。女性の場合卵巣にも働きかけ性機能を維持・向上、卵胞刺激ホルモン(エストロゲン)・黄体形成ホルモン(プロゲステロン)の分泌が促され、効果として受精しやすく不妊の方にもおすすめです。

お召し上がり方
スナックやおやつに、そのままお召し上がりください。
ヨーグルトに漬け置いてお召し上がりください。
カレー、煮込み料理、パンや焼き菓子、シリアル、スムジやグラノーラにもご利用ください。

ドライジャックフルーツの製造工程
原産国:スリランカ農場 : Wet Zone 現地名:Waraka
クワ科パンノキ属の常緑高木で、学名は Artocarpus heterophyllus。英名 Jackfruit


1-JAS基準で栽培した果物を農場からいたたく。
2-品質検査。
3-完熟した良い物を選ぶ。
4-付着した異物を水で洗い流す。
5-世界一の果物を切て食用部分を取り出す。
6-取り出した部分をトレーに並べる。
7-乾燥機で45℃で約18時間で乾燥する。
8-検品してから2.5kg袋詰め4袋を段ボールにいれる。
9-段ボール(Net. 10Kg)を15℃保管。
10-注文後出荷
 

      

  


      
        生ジャックフルーツ        乾燥ジャックフルーツ
                          
          
                     トップページへ