古代ペルシャからの贈り物
Persian Sun Dried Barberry
ペルシャ産 バーベリー
天日干し
Edible Persian Jewels also known as Zereshk


Persian品種:Berberis integerrima
Persian Name :
Zereshk  (زرشکゼェレシュク)
学名: Berberis vulgaris

バーベリーは食べ物ンや薬用植物としての栽培歴史は古い2,500年前からペルシャやエジプトでの栽培していました。バーベリーの品種600以上あります。日本のバーベリー品種はヨーロピアンバーベリーでセイヨウメギ、西洋目木やヨーロピアンバーベリーと呼ばれています。

実は食品または薬品として利用されています。バーベリーは冷せと乾燥(cold &dry)で味は酸っぱいです。
当社のバーベリーの産地は南ホラザン県グチャン周辺に栽培されています。木の高さは約3mでフレッシュの実は約0.23g、直径5-10mlで3年めから実が出来る、85才まで実が出来るますが一番良い質と量は14才から25歳です。一本木から約4Kg収穫実出来ます。秋に手すみで収穫されその後天日干しします。
イランは世界で最大のバーベリーとサフランの生産国です。バーベリーとサフランは同じ土地で生産されており、収穫の時期も同時に秋です。
成分:
バーベリーの主な成分はベルベリン(Berberineアントシアニンです。
効能
伝統的な医学的;抗糖尿病、抗癌および抗菌活性に効果あることが化学的証明されちます。
バーベリーには肝機能を促進させる効果があるとされています。 また、血管を拡張させる働きもあることから、うっ血や黄疸、胆石の治療、アルコールによる肝臓疾患など肝臓の治療に使用されます。オーストリア伝統的医学では実を茶、ゼリーまたはシロップして気道、発熱、感染症、風邪およびインフルエンザの障害の治療に使用されている[8]。植物アルカロイドは、抗菌性、抗真菌性、抗炎症性、抗酸化性および止瀉性であることが判明している。ベルベリンは子宮刺激薬です。

お召し上がり方:

果物は、ジャム、ゼリー、ジュースに。パンケーキ、ホットケーキ、パンやお菓子作り、カレー、シチュー、煮物などの料理に、スープ、ポロウ(polows)、チキンの詰め物(chicken stuffing)に利用にも。
バーベリーから排出されたエキスをお水でおそめてシャーベットとして飲み物です。酸っぱいばあいでデーツシロップやハチミツで甘さを調製してください。シャーベットは、胆汁を取り除くために有用であると考えられている。

レシピ:  


  





   
       砂糖ペクチン、未使用

バーベリー農場、収穫、天日干し(段階)
 

 

 

 

   

  トッップページ