ローズ製品
   古代ペルシャからの贈り物
    ダマスクローズ
       原産地はイラン(カシャーン地方)
            農場契約、無農薬、食品基準栽培
      バラ水やオイルは生のバラから
        水蒸気蒸留法で抽出(一番しぶり)
        バラ蕾は天日干し
        直輸入
       バラ製品は砂糖や食品添加物不使用
        加工は日本(
Made in Japan

         ハラール認証
         

 
    



            
農園写真


     








 







 
  
  


       タマスクバラ蕾の天日干し

 
           バラ蕾がく有               バラ蕾がく無し
タマスクバラビラの天日干し
                              

  

   


               


                  伝統的バラ水つくり工程 (水蒸気蒸留法)

  

    



                             


◆イランでのバラ水の使い方とバラの天日干し、バラ水作り方◆
食品として: 飲料(紅茶、コーヒ、水など)や口に2−3スプレー,ソフトクリーム
      トッピングに
ゼリー、バラのジャム、ケーキやお菓子の材料に
化粧水:洗顔のあと、3−4回スプレー後軽くマッサージして使います
アフター・シェイブ:3−4回スプレー後て軽くマッサージして使います。
香付け: 香付けにはそのまま2―3回スプレーお使いください。

ペルシャ伝統医学(ユナニ)
ペルシャ伝統医学では食品は温性と冷性の2種類に分類され、バラは冷性食品になります。
バラ水は血液や黄胆汁の過剰に効果があり、化粧品や食品として利用されています。
また抗炎症作用や効アレルギー作用があり、抗菌作用があることも証明されている。
ユナニではバラは薬として高い効果があり、特に香りの高いダマスクローズが使われます。


儀式
薬用植物についての著作が多いゾロアスター教では、セレモニーの時、ザクロとローズの粉末
をミルクと混ぜて使用しています。イスラム教でも、バラ水は聖なる水として、冠婚葬祭に
欠かせないものとなっています。ペルシャ語で、バラ水を「ゴレ・モハマッディ」と言われ、
モハマッドの花という意味で、モハマッドはイスラム教の伝道者です。このようにバラは
宗教儀式にも広く使われる特別な存在です。

Topページへ