Organic Dried Mango
    有機乾燥マンゴー
     原産国スリランカ
             栽培農場:Embilipitiya,Anuradapura
       品種: Betti
       Local name:
Ambaha

       
                         


:砂糖や食品添加物不使用
JAS基準で栽培,砂糖,保存料,着色料不使用


ビタミンやミネラル,
や食物繊維は豊富
有機栽培、無添加 
JAS証明書はここへ
   成分表はここへ
ハラル証明書はここへ


マンゴーは4000年以上前から栽培が始まっており、仏教の経典にもその名が見られるそうです。マンゴーの木が一人前になるには、およそ3年〜5年かかります。その成熟した1本の木から3,000個〜4,000個のマンゴーが収穫されます。。
マンゴーの産地はインドからインドシナ半島周辺と推定されている。そのうち、単胚性(一つの種から一個体繁殖する)の種類はインドのアッサム地方からチッタゴン高原(ミャンマー国境付近)辺りと考えられ、多胚性(一つの種から複数の個体が繁殖する)の種類はマレー半島辺りと考えられている。インド・スリランカ、メキシコ・フィリピン・タイ・オーストラリア・台湾が主な生産国で、日本では沖縄県・宮崎県・鹿児島県・和歌山県・熊本県で主に栽培されている。現在では500以上の品種が栽培されている。


当社のドライ マンゴー
無肥料や無農薬で栽培されているスリランカにおける有機ドライマンゴーは、添加物を使用せず、すべてJAS基準で栽培された物です。スナック又は、料理に使用することができるように小さくカットしてあります。
スリランカ産マンゴーは年2回
収穫され時期は(4月〜5月と10月〜12月)です。
50°Cで12時間かけて乾燥したドライマンゴーは新鮮な生のマンゴーの本来の香りと味を活かしています。砂糖、添加物、香料、着色料は一切使用しておりませんマンゴーにはアンチエイジングと呼ばれているビタミンA、β‐カテン、葉酸が豊富に含まれています。味も勿論ですが女性に非常に人気の高いフルーツです。当社のドライマンゴーはそのトロピカルな味がぎゅっと凝縮されています。口の中に広がるドライマンゴーの酸味と甘さと香りの絶妙なバランスは最高です。噛み締める程に味と香りが強くなり、後を引くサクサクの歯ざわりを楽しめます。
スリランカ産ドライマンゴーの特徴は甘みが自然で、まったく砂糖を加える必要がありません。
袋を開けたとたん、とても濃厚なマンゴーの香りが広がります。



しっとりとした果肉の食感とトロピカルな生感覚の旨みはたまりません。果肉度が非常に高く、フレッシュマンゴーに近い味です。
マンゴーのねっとりとした粘りと、南国の香りは、スリランカの波風と吹きぬける島風を醸し出してくれます。

ご利用方法:
そのまま召し上がりください。刻んでシリアルやヨーグルトに、パンやパウンドケーキの焼き込みにもご利用ください。チョコレートがけもお奨めです。お子様のおやつや、ハイキング等のお供にも最適。紅茶・日本茶・コーヒーなど、幅広く合わせて召し上がりください。


ドライマンゴーの製造工程
1−果物を契約農場からいたたく
2−品質検査

3−完熟した良い物を選ぶ
4−付着した異物を水で洗い流す。

5−身を薄くスライスする

6−スライスされた物をトレーに並べる
7−乾燥機で55℃で15〜16時間で乾燥する。
8−検品してから袋詰めする
9−袋詰めした物を15℃保管
10−注文後出荷



雌蕊             雄蕊


受粉

               








    トップページへ