古代ペルシャからの贈り物

自然食品

美味しい非常食

 ペルシャ産天日干し 白イチジク

Sun Dried Fig (Ficus carica)

契約農場で栽培、完全天日干し、無添加
              ビタミンやミネラルバランスのよい原種(Ezmira種)

特徴完熟,完全天日干し後収穫のため,イチジク本 来の成分や酵素が生きています
食物繊維 14.1% (水溶性3.9%不溶性10.2%)

-スアビリテイ  (Traceability):

7月頃花を咲く、蜂を媒介として受粉、9下旬 樹の上で完全天日干し、収穫、検品、金属
探知機を通す、から 9Kgのケースに梱包、15℃以下に保管。原料の場合注文時出荷。
袋詰めの場合工場で再検品してから袋詰め包装後常温で1年間保存可能

100g当たり分析データ
エネルギー 372Kcal カルシウム 317mg ブドウ糖 26.5g
タンパク質 3.4g 2.12mg 果糖 25.5g
脂質 2.6g ビタミンA 2μg ショう糖 6.96g
炭水化物 83.8g ビタミンB6 0.43mg ラクトース 不検出
水分 7.4g ビタミンC 2.00mg ガラクトース 不検出
ナトリウム 4.5mg ナイアシン 1.07mg 一般生菌数 300以下
食塩相当量 0.03g 食物繊維(水溶性) 3.9g 大腸菌数 陰性
食物繊維 14.1g 食物繊維(不溶性) 10.2g サルモネラ菌 陰性


分析データ:

イチジク アフラトキン(カビ)データココ

残留農薬は陰性:無農薬証明書はココ

成分を見るにはココヘ

農場または樹の写真を見る場合はココヘ

放射線量測定結果報告書はココへ

イチジク情報と歴史はココヘ


小アジア原産のクワ科の落葉小高木。語源はペルシャ語“Anjir”(アンジール)で、中国での音訳
映日果”(インジークォ)からイチジクとなった。
当社のイラン産ドライフルーツはミネラル豊富な
土壌で、ふりそそぐ太陽の光を十分に浴びて栽培されたものを天日で乾燥させたものです。現地の農
場と直接契約して管理しているので農薬、化学肥料、防腐剤の心配もありません。イラン産イチジク
は木上で熟しそのまま天日で乾燥になります。ミネラル特にカルシウム317mg/100g、鉄分2.12mg/10g
、カリウム997mg/100gも含まれています。いちじくにペクチンやセルロースなどの食物繊維も多いで
す。
痔のシップ薬としても使われる。服用すれば回虫駆除の効果もある。傷口には卵黄をまぜてぬっ
ても良い。

イラン産イチジクは主にEzmira品種です。Ezmiraに属する種類はカシュキ・ロノ・マッティ・ヤシ・
ブラックParthenoc(受粉が要らない種類)です。これらはみな、イラン全土で栽培されています。

れらのイチジクは乾燥イチジクではなく生で売られており、
ブラックイチジクはそれの一例です。
ペルシャ産白イチジクもEzmira品種ですが、他の種と違って受粉する品種です。元の色は緑でイラン
のファース県エスタハバン(
Estahban市周辺で自然に近い環境下で栽培されています。エスタハバ
ンのイチジク畑は約
20'000ヘクター,2'000'000本ものイチジクの木がありますが、その98%は緑色
Ezmira種です。このイチジクは樹の上で塾して天日になってから収穫します。自然の日差しを十
分に浴びているためイチジクの色自体は白くなります。そのためペルシャ産白イチジクという名前で
売られています。ペルシャ産白イチジクは他の種類と違って受粉が必要です。
受粉はイチジクバチ(Blastophaga)を利用します。Blastophagaは4種類あり、春夏秋冬でそれぞれ
異なる種類が存在します。春物のBlastophagaを受粉のために使います。受粉した1樹から約40Kgの天
日干しのイチジクを収穫します。栽培には化学肥料、農薬、ホルモンなどを使う必要がないため、結
果としてオーガニック食品となります。イラン国内で販売されている乾燥イチジクは100% エスタ
ハバン谷で栽培されています。エスタハバン
谷の、熱く乾いた夏の太陽は白イチジクの栽培や天日に
理想的です。
エスタハバン谷ではイチジクの栽培は灌漑方法で行われています。自然に近い栽培地と
して、FAO(国際連合食料農業機関)からも非常に高い評価を得ている地域です。
ペルシャ産白イチ
ジク栽培の土のPHは約7で、土は砂っぽい乾燥環境です。この種類のイチジクの樹は塩分に比較的強
く、樹を増やす方法としては、挿し木やクラフティングが挙げられます。挿し木は冬の終わり頃に行
い、樹齢2〜3年の樹から40cmの枝を使います。
ペルシャ産白イチジクの樹は樹齢4年目頃から
実をつけます。
イチジクの加工食品は、ジャム、ジュース、酢、ビスケット、ケーキ、などです。


天日干しになったペルシャ産白いちじくの品質は実の大きさや口の開き方で決まります。口が完全に開いたイチジ
クはペラク又はAAAと言います。品質は一番高いです。小粒で口が閉まったイチジクの品質は低くclosed mouthと
言います。中間物は101Aと言います。

口が閉まったイチジクclosed mouth        101A      AAA別名ペラク


おすすめ

手間をかけずに食べられるので、性別を問わず、子供からお年寄りまで、スポーツ選手や妊娠中の女性に毎朝5〜6個のイチジク
お勧めです。
保存可能な果実であることから、近年多発している自然災害等に対する防災用に、美味しい非常食として活躍の場
は大きいと確信しております。



イチジクのレシピ
1-ドライフルーツをそのままおやつやワインやお酒のおつまみとして
2-パンやお菓子(フィグプリン、ケーキ、パイ、フルーツバー、等の材料に
3-パン作りに
4-ジャム(砂糖不使用)
5-シロップ漬け
6-イチジクのワイン漬け
7-料理に(きざんでカレーにいれて煮込むとコクがでます。)
8-乾燥イチジクを一晩水に浸して、その汁や実を食べるその他の使い方:葉や茎を切ると乳状の液が出る。
これは葉とともに薬用に用いられる。


トレーサビリティ (栽培履歴)


1-草木名(英名) white Fig 


2-和名:白いちじく 

3-学名:
Ficus carica

4-使用部分:

5-原産国: イラン 

6-原産地:エスタハバン(Estahban)市 、ファルス(Fars)県

-科:
クワ科  Moraceae

-種類 Ezmira

9―雌雄異株で7月頃花を咲かせ、 いちじくバチ(belastofagaを媒介として受粉する。

10−栽培期間中、肥料や農薬は使用しない。

11−収穫時期は7月〜8

12−樹の上で完全天日干したものを収穫する。

13−選別:この時大小に分け、同時に一つずつ軸を取り除く。

14−注文時:金属探知機を通してから9Kgのケースに梱包し出荷する。

15−夏季は冷蔵コンテナで、冬季は普通のコンテナで日本まで運ぶ。

16−通関後、日本で個別包袋するまで15℃、60%湿度に保管する。
  包装後常温で1年間保存可能


イチジクソフト

当社のイチジク101Aタイプを日本で70°Cに浸けて水分を含ませてから乾燥機で水分の調整しながら乾燥した物です。水分は約14%で
やわらかくて美味しいです。本来の水分は7.4%です。多少硬いと言われています。それが好みであれば加工されていないありのままの
白イチジクがおすすめです。加工方法にはここをご覧ください。

当社のいちじくと他社のイチジクとの相違点

通常、他社は一般市場にて流通のイチジクを販売されておりますが、当社では以下の点を徹底管理し、一級品のイチジクを
販売しております。

1−品種選び

イチジクの酵素を残すため、収穫の際に樹の上で完全天日干しが可能な品種を選びました。


2−農場の選択

イチジク農場には栽培条件に最も適した、その土地の水と土の分析や、ドライフルーツに欠かせない風通し等、条件にあった
産地と農場を選び、専属  栽培契約をしております。


3−農場スタッフの選択

当社の厳しい栽培条件に従って栽培管理に従事して頂く為、地元の農場スタッフの中でも、最も経験豊かなスタッフに
行わせております。


-生産課程

無農薬、無化学肥料での生産を行う為、花の開花時期から収穫の時期はもちろん、1年を通して厳正な生産管理を
行っております。


5−検品

収穫したその場(農場)で、1回目の検品を行います。 形の大小、変形、色違いの選別を行い、さらにもう一度、倉庫に
搬入した際に2回目の検品を行 います。

                                 

トップページへ