古代ペルシャからの贈り物

          自然食品 
     Sun Dried Black Raisin
         天日干し
      ブラック レーズン
      

 
   農場契約で無農薬栽培
          ノンオイルコーティング
    美味しい非常食美や保存食


特徴
完全天日干し、着色、食品添加物や砂糖は未使用
【ショ糖ゼロ,ブドウ糖(38.78%),果糖(41.03%)は良いバランス】

100g当たり:アントニジン0.16g,食物繊維4.1g,エネルギーはわずか347Kcal含まれています。

ブドウの皮には抗酸化物質,今話題のレスベラトロール(Resveratrolが含まれています。

天日干しのため,ブラックレーズンの本来の酵素が生きていますお水に浸すと約2時間生に戻る。現地の甘味を味わおう!

       分析データ

残留農薬は陰性:無農薬証明書はココヘ

(結果は陰性:安全)

農場または樹の写真を見る場合はココヘ

成分データを見るにはココヘ

アントニジンデータはココへ

放射線量測定結果報告書はココへ

(結果は陰性:安全)

ブラックレーズンは、ミネラル豊富な土壌を養分に、降り注ぐ太陽の恵みを十分に浴びた生命力の強い天然物です。ビタミン・ミネラル・植物繊維がバランス良いです。鉄分がプルーンの3倍、アントニジンはブルベリーの約2倍です。栽培に農薬や化学肥料一切使用されてないです。

お召し上がり方:

おやつに サラダ、お菓子やパン作りなど、幅広くご利用ください。レーズンには抗酸化作用があるポリフェノ−ル(老化防止)も含まれています。オイルコーティングをしていないのでお子様にも安心です。

レーサビリティー
8月に花が咲く、9月収穫時期、収穫後、天日で乾燥、検品後、15℃以下保管
原産国はイラン,風や昆虫を媒介として受粉,栽培期間中、化学肥料や農薬は未使用、選別時大小を分け
金属探知機を通し、10Kgのケースに梱包15℃、40%湿度に保管する。小包装後常温(25℃以下)で1年間保存可能

                
                   8月                  9月          天日干し       検品後
                    


ブラックレーズン

100g 当たり分析データ

エネルギ−

347Kcal

カリウム

750mg

タンパク質

2.2g

マグネシウム

33mg

脂質

0.6g

カルシウム

72mg

炭水化物

85.2g

鉄分

4.1mg

糖質

81.1g

アントシアニジン

0.16g

食物繊維

4.1g

果糖

41.03g

ナトリウム

3g

ブドウ糖

38.78g

食塩相当量

0.0g

ショ糖

不検出

長野県のニュース

2017年9月19日

がん細胞の増殖抑える効果 信大農学部などのグループ確認

 信州大農学部(上伊那郡南箕輪村)の真壁秀文教授(生物有機化学)らの研究グループが18日までに、ブドウやリンゴなどに含まれる化合物「エピカテキンオリゴマー」にがん細胞の増殖や臓器への転移を抑制する効果があることを確認した。研究グループによると、がんの抑制効果がある化合物を特定した例はほとんどなく、がん治療への応用が期待できるという。

グループは、真壁教授と信州大バイオメディカル研究所の藤井博教授(分子生物学)、同大農学部の梅沢公二助教(構造生物学)ら。2012年から共同で研究に取り掛かった。藤井教授が当時、ブドウの抽出物に、がん細胞の増殖や転移を抑制する効果がある物質が含まれていることを突きとめていたが、物質の特定には至っていなかったという。
 グループで分析を進めた結果、物質は、ブドウに含まれる渋味成分で、ポリフェノール化合物の一種「エピカテキン」が複数連結した「エピカテキンオリゴマー」だと判明した。エピカテキンオリゴマーはリンゴや小豆、カカオなどにも含まれているという。
 グループは、エピカテキンオリゴマーの効果を検証。真壁教授がエピカテキンを二つから六つ連結したエピカテキンオリゴマーを合成し、梅沢助教が分子構造を確認。藤井教授が、前立腺がんの細胞にエピカテキンオリゴマーを混ぜ、人工的に作った細胞組織にがん細胞がどれだけ転移するかを調べた。
 共同作業の結果、エピカテキンを四つつなげたものでは転移したがん細胞の数が減り、連結数が五つ、六つではさらに減ることが明らかになった。グループの論文は8月、国際学術誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載された。
 藤井教授は「いろんな分野の研究を組み合わせたからこそ得られた成果」とし、真壁教授は「食べ物を研究対象とする農学部らしさを示せたのではないか」としている。


豆知識
アントシアニンとは?
アントシアニン(anthocyanin)はロドプシンの再合成促進・視力回復
薄暗いところで本を読んだり、テレビやパソコンの画面を長時間見続けると、目がチカチカしたり、視界がかすんでしまうことがあります。これはロドプシンの再合成がうまくいかなくなったためにものが見えにくくなっているのです。従って、疲れ目の予防・改善にはロドプシンの再合成を正常に保つことがポイントになります。アントシアニンは、ロドプシンの再合成を活性化させて、疲れ目の予防・改善、視力回復の作用があります。その作用には即効性があって、アントシアニン摂取4時間後には視力回復が見られます。またその効果は24時間後に消失するとされています。従って、一度に大量に摂取するのではなく、毎日必要量を摂り続けることが望まれます。


ロドプシンとは?
眼球には、角膜とレンズの役割をしている水晶体があり、角膜から光が入ると、水晶体を通り、網膜に像を結びます。網膜には光に反応する細胞があって、ここに光が当たると神経が刺激され、脳にシグナルが伝わって、ものが見えるという感覚が得られます。光に反応する細胞には、明るいところで作用する細胞(錐体)と暗いところで作用する(杆体)があります暗いところで作用する細胞には、ロドプシンという色素体があって、光の刺激を受けると瞬時に分解され、またすぐ再合成されます。ロドプシンの分解・再合成の繰り返しによって光の情報が電気シグナルに変換され、これが脳に伝わってものが見えるという感覚を得ることができているわけです。

トップページへ